テント、シート、間仕切り加工・施工

高品質な国産素材のみを使用
半世紀以上の経験に基づいた
製品を提供します

previous arrow
next arrow
Slider

製品ラインナップproducts

施工事例construction examples

  • 部品加工業 作業エリア間仕切り

    真夏になると作業フロアのエアコン能力が不足してかなりの気温になるため、作業エリアだけ快適な温度にしたいというご要望にお応えしました。

    詳細を見る

  • 荷捌き場テント

    柱の数が少なく大型車の出入りがスムーズなので雨天の仮置き場や屋外作業に最適です。
    他に物流製品の一時保管や催事スペースなどとして活用できます。

    詳細を見る

  • 飲食ブース

    屋外にオープンテラスなどの飲食スペースで、冬期の防寒・防風対策としてテントブースを設置

    詳細を見る

  • 特注たためーるくん

    お客様より「紫外線を遮断したい」「防塵機能が欲しい」「帯電防止性能機能もあって使い勝手がいいように使用しない時はコンパクトに畳みたい」という3つのご要望をいただきました。
    使用する生地は紫外線を遮断するアキレスセイデンFを使用して、隙間がないようにピッタリ寸法で熟練職人が制作しました。

    詳細を見る

  • パワーカーテン「シャット」

    ガタつきが無くぴったりと閉まるため、外からの風雨・ホコリをシャットアウトします。

    詳細を見る

  • 工場内通路

    保温・保冷、防塵、対策にピッタリ。
    弊社の職人が採寸したうえで制作するから寸法もバッチリです。

    詳細を見る

  • 車のメンテナンスブース

    車のメンテナンスブースとしてご利用いただいています。天候に左右されず、室内と同様の作業スペースを確保できます。
    通常の建築物に比べ、設置や撤去が容易のために業務規模に合わせた柔軟な設置が可能です。

    詳細を見る

  • 開閉式テント

    人力、または電動によって開け閉め可能な構造を持つテントです。
    大きな面積をカバーすることができ、季節や時間帯に応じて日差しをコントロールできます。台風や強風時、積雪時には必ずテントを開ける必要があります。

    詳細を見る

50年を超える歴史の中で、
数々の試練を乗り越えて現在に至ります。

弊社は、安いだけの輸入素材に一切目もくれず、国産の高品質素材だけを使い、付加価値の高い商品に特化しております。
さらに、長年かけて蓄積した加工・施工実績により、お客様のご要望に適した製品を迅速に、適正価格でご提案することが可能になりました。

「粟倉ビニールに頼んでよかった」と言っていただけるよう、日々業務に励んでおります。

■ 自社生産の強み

ビニール加工は機械化しづらい工程がいくつもあります。数値を入力すれば自動的に製品が出来上がるものではありません。
創業以来、数々の製品を加工してきたおかげで、ビニール加工に関する膨大な量のノウハウを蓄積することができました。
熟練したベテラン作業者の経験とカンにより、施工箇所にピッタリの寸法で仕上げることができます。

寸足らずにならず、大き過ぎることもない、ちょうどいい塩梅に製品を仕上げます。
ウェルダーという設備でビニールを融着する加工がありますが、室温、金型の温度、ビニール素材の温度により、最適な加工条件が変わります。

ベテラン作業者は、加工する時点で最も適した条件に設定できるため、加工後のシワや変形が無い、美しい外観で仕上げることができます。
その結果、見た目も強度も最高の状態に仕上げ、お客様の元にお届けしております。

■ 国産素材にこだわる理由
「ビニールだから安いんでしょう?」お客様からよく聞かれます。
値段だけを考えたら、海外から輸入している素材の価格は魅力です。

しかし、産業用のビニールは、お客様が考えている以上に過酷な使われ方をしています。
屋外であれば昼夜の別なく、紫外線や風雨にさらされます。
屋内でも摩擦や汚れにより、すり減ったり変質したりする環境で使用されます。

安物買いの銭失いにならないよう、国産の高品質な素材だけを取り揃えております。

始めは高いなと感じる方が多いのですが、長年使っているうちに、国産素材にしてよかったと感じるお客様が多いのが現状です。
高品質な素材を納得していただける適正な価格でご提案しております。

現在我が社が目指しているのは、海外では生産出来ない、品質勝負のものづくりです。
まごころを込めたサービスを提供し、お客様に喜ばれる最高品質を提供することで、社会の発展に努めて参ります。
今後は更に企画・提案・生産まで一括で対応出来る底力を持った、発信力のある企業を目指します。

粟倉靖久

read more

About us

MENU