有限会社粟倉ビニール | 工場間仕切り・テント倉庫施工・ シートの加工

伸縮式キャスタースライドテント たため~るくんの完全解説

「たため~るくん®」は、伸縮式のスチールフレームとキャスターを備えており、その利便性から特許登録されている画期的な移動式伸縮式キャスタースライドテントです。
そして、お求め出来るサイズにおきましては、

開口2300mm~5800mm
奥行き3000mm~6000mm
全高2033mm~3360mm

と、中型から大型のサイズをご用意しており、簡易的な荷捌き場や、即席の通路、倉庫等使い方、用途を幅広く使用することが可能です。
また、使用しない状態、畳んだ状態では奥行き1000mm以内となり収納場所にも困りません。
従来の伸縮式テントと比較して、設営・撤収の容易さ、移動の利便性、多様な用途への適応性など、多くの利点を有しています。

本解説では、その特長を詳細に検証し、潜在的なニーズを掘り起こしていきます

たため~るくん®の概要

構造と特徴

たため~るくん®は、以下の要素で構成されています。

  • 伸縮式柱フレーム:必要な時に伸ばして使用し、不要な時は縮めて保管できる、画期的な構造。
  • クロスバー:柱フレームを連結し、テントの骨格を形成する重要な部材。
  • 天幕:防炎の生地を使用しており、糸入り透明、またはホワイトグレーの生地を選択可能です。
  • キャスター:テントの移動を容易にする。大型で安定性に優れたものを採用。

上記の通り、さくらコーポレーションの提供する本製品、たため~るくんは、伸縮式のキャスターテントとして移動可能、そしてサイズも様々にご用意しており、どのような業種様であってもご使用できます。

たため~るくん®屋外向け、又は屋内向け

  • アーチタイプ(屋外式)

糸入り透明タイプ 耐寒 耐候 防炎
ホワイトグレ UVカット 吸水防止 防炎

  • 水平タイプ(屋内式)

 

   糸入り透明タイプ 耐寒 防炎 抗菌 帯電防止

 

アーチタイプ(屋外仕様)は、屋外で使用することを想定したタイプです。丈夫な糸入り透明素材を使用しており、ホワイトグレーのカラーバリエーションがあります。UVカット機能があり、耐寒性や耐候性も備えています。防炎性能も備えており、安全性を確保しています。厚みは0.55mmで、糸目は20mm角です。防炎登録番号はF-28151です。

水平タイプ(屋内仕様)は、屋内で使用することを想定したタイプです。糸入り透明素材を使用しています。このタイプは、耐寒性や防炎性、耐電性、抗菌性などの特長を持っています。
防塵ブースにも使われ、粉塵が発生する作業にもご使用が可能です。
柱フレームは折りたたみ式で、設営が簡単に行えます。厚みは0.35mmで、糸目は20mmです。防炎登録番号はF-29332です。

設営・撤収の簡易性

たため~るくん®は、フォークリフトを使用し、大型のテントを簡単に設営・撤収できます。
そして設営と撤収の手順は次のとおりです。

フォークリフトに畳んだ状態で載せる:

  • 最初に、「たため~るくん®」を畳んだ状態でフォークリフトに載せます。この際、フォークリフトの操作は慎重に行います。

フォークリフトで少しずつ持ち上げる:

  • 次に、フォークリフトを使用して少しずつテントを持ち上げていきます。

設営時に気をつけることは、最初に必要な部品・パーツが全てあることを確認することです。また、最低4人以上の人員が揃ってから作業を徹底しましょう。

伸縮する流れは、まずキャスターのストッパーを確認し、伸縮の基点となるキャスターのストッパーをロックします。他のキャスターのストッパーは解除しておきます。

次に、4人で四方から伸縮させたい側の柱フレームをしっかりと持ち、テントをゆっくりと伸ばします。テント生地がキャスターで踏まれないように注意しながら、スムーズに伸ばしていきましょう。

伸縮式柱フレームの利点

伸縮式柱フレームは、「たため~るくん®」の主要な特徴の1つであり、その利点には以下のような専門的な側面があります。

伸縮式柱フレームの利点

収納性

「たため~るくん®」の伸縮式柱フレームは、収納時に幅1000mm以内にまで縮小されるため、収納後も場所を取らずに保管することができます。これは、保管スペースが限られている状況下でも、効率的に収納することが可能であり、設置場所に困ることがありません。

安全性の高い構造

柱フレームは、高強度な素材を使用しており、優れた耐荷重性と安定性を備えています。具体的には、有効高3mサイズのフレームにはダブル柱フレームを、有効高2.5m以上サイズのフレームには27Øパイプブレスを採用しています。これにより、フレームの耐久性と安全性が大幅に向上します。

さらに、安全性を高めるためのオプションとして、フレーム伸縮防止バーが用意されています。このバーは、柱フレームの伸縮部分を固定し、意図しない伸縮や崩れを防止する役割を果たします。これにより、設置されたテントの安定性が向上し、安全性が確保されます。

オプションのレール使用

さらに、オプションのレールを使用することで、伸縮式柱フレームの利便性が向上します。このレールを使用する場合、移動しない常設の状況下でのみ可能であり、レール側を地面にアンカー留めにして使用します。常設の場合には、レールを利用することで伸縮操作が容易になり、設置や撤収がよりスムーズに行われます。

移動の容易さ

たため~るくん®は、大型のキャスターを4個装備しており、スムーズな移動が可能です。これにより、均等な重量分散と安定性を確保することができます。

また、従来品に比べて、キャスターの取り付け位置を変更しており、よりスムーズな動きを実現しています。

また、今までキャスターがテントを踏む恐れがありましたが、キャスター位置を変更することにより、より動きがスムーズになりました。

安定性の高い足元

キャスターは大型の直径100mmの自在輪のキャスターを使用しており、移動にも安定性がございます。そしてストッパー付きで、固定することで安定性をさらに高めることができます。

また、今までは肩口に付属のアイボルトを使用し、安定性を増していましたが、現在は足元にもアイボルトを使用することで、風が強い天候でも問題なく使用することができ、より安定性が増しています。

たため~るくん 伸縮式ブース活用例

たため~るくん®は、スライドテントと伸縮式ブースの機能を兼ね備え、かつ移動もできるのでどんな用途においても使用が可能です。

アーチ型(屋外用)、水平タイプ(屋内用)で使用用途も広がり、工場外で使用する倉庫の役目を担い、また屋内向けの水平タイプに関しては、防塵スペースとして使用が可能になり、用途により幅広く使用が可能です。

以下に事例を紹介いたします。

工場

工場では、様々な作業が行われるため、スペースの効率的な活用が求められます。そのため、「たため~るくん®」はさまざまな活用がされています。

荷捌き用ブース:

  • 物流センターや倉庫では、商品の仕分けや梱包などが行われる場所です。ここで「たため~るくん®」を使えば、作業スペースを必要な時に確保できます。例えば、大きな荷物が入荷した時にはテントを広げて作業スペースを確保し、作業が終わったら折りたたんで収納します。

製品仮置きブース:

  • 製造業では、製品やパーツの一時的な保管が必要になることがあります。ここで「たため~るくん®」を使えば、必要な時にブースを組み立てて製品を保管できます。また、ブース内には棚やラックを設置して、製品の整理や保管を効率的に行うことができます。

メンテナンスブース:

  • 工事現場や建設現場では、メンテナンスや修理作業を行う場所が必要です。ここで「たため~るくん®」を使えば、作業スペースを必要な時に確保できます。例えば、大きな傘のような形でテントを設置して、作業者を雨や日差しから守ることができます。

伸縮式通路:

  • 建築現場や工場内では、臨時の通路が必要になることがあります。ここで「たため~るくん®」を使えば、必要な時に通路を確保できます。例えば、作業場所と作業場所をつなぐ通路が必要な時に、テントを展開して通路を作ります。

粉塵対策用ブース:

  • 工場内では、粉塵の発生が懸念されることがあります。ここで「たため~るくん®」を使えば、粉塵対策用のブースを設置できます。テント内には換気設備を設置して、作業者の健康を守りながら作業を行うことができます。

作業ブース:

  • 工場内での作業が必要な場合、風雨や日差しの影響を受けないようにする必要があります。ここで「たため~るくん®」を使えば、屋根付きの作業スペースを確保できます。例えば、大きなテントの中に必要な機材や道具を揃えて、作業環境を整えることができます。

その他利用(イベント、展示会、災害用)

「たため~るくん®」は工場だけでなく、イベントや展示会、災害時の避難所などでも活用されています。

打ち合わせブース:

  • 会議や商談の場で、プライベートな空間が必要な場合があります。ここで「たため~るくん®」を使えば、必要な時にブースを設置できます。例えば、大きなテントの中に会議用のテーブルや椅子を配置して、プライベートな打ち合わせができます。

伸縮式通路:

  • イベント会場や展示会場では、臨時の通路が必要な場合があります。ここで「たため~るくん®」を使えば、必要な時に通路を確保できます。例えば、混雑する通路にテントを設置して、来場者がスムーズに移動できるようにします。

これらの活用事例を通じて、「たため~るくん®」が様々な場面で役立つことが分かります。そのため、工場や建設現場だけでなく、イベント主催者や一般の方々にとっても有益なツールとなっています。

商品仕様

サイズと生地バリエーション

ニーズに合わせた豊富なサイズと生地バリエーションを用意しています。

妻面シート
カーテン

たため~るくんは基本的にトンネル型で、オプションとして開口部の出入口にカーテンを使用することが可能です。

固定張りテント

たため~るくんは基本的にトンネル型なので、片方の開口部を固定張りテントで塞いでしまい、一つの空間として使用が可能です。

  • サイズ:幅、奥行き、高さの組み合わせで選択可能。
    開口2300mm~5800mm
    奥行き3000mm~6000mm
    全高2033mm~3360mm
    ※詳しくはカタログを参照してください。
  • 生地:アーチタイプでは、糸入り透明タイプかホワイトグレーで選択可能。

水平タイプは糸入り透明タイプのみ

標準付属品とオプション

標準付属品とオプションは以下の通りです。

標準付属品

  • 柱フレーム
  • クロスバー
  • 天幕
  • 天井フレーム
  • 伸縮防止バー
  • 組み立て用フラットバー
  • 柱風対策用品
  • タッチアップセット
  • 取り扱い説明書

オプション

  • カーテン
  • 固定張りテント
  • 固定スパン
  • レル
  • スチールプレート
  • 風対策用品(ベラクイ)
  • Sフック

安全性に関する注意点

ご使用前に必ず「取扱説明書」をよくお読みください。付属の説明書には正しい使用方法や安全に関する情報が記載されています。特に、下記の項目については、注意事項としても記載があるか十分に注意しましょう。

  • 移動時には周囲の安全を確保し、正しい使用方法に従って操作する。
  • テントを設営・収納する際には、安全に留意する。
  • 強風などの悪天候時には使用を中止する。

これらの点を重点的に、使用前は「取扱説明書」をよく読むことです。付属の説明書には正しい使用方法や安全に関する情報が記載されています。特に、下記の項目については、注意事項としても記載があるか十分に注意しましょう。

たため~るくん®導入のメリット

「たため~るくん®」を導入することには、以下のようなメリットがあります。

時間と労力の削減

「たため~るくん®」の設営・撤収は非常に簡単で、大幅な時間と労力の削減が実現されます。これにより、作業効率が向上し、他の重要な業務に時間を割くことができます。

スペースの有効活用

伸縮式フレームを採用することで、必要なスペースのみを占有することができます。また、収納時にコンパクトになるため、省スペース化も実現できます。これにより、場所の有効活用が可能となります。

機動性の向上

大型キャスターを装備しているため、テントの移動がスムーズに行えます。これにより、イベントや展示会場などでの配置や移動が迅速に行えます。

多様な用途への対応

「たため~るくん®」は、豊富なバリエーションやオプションが用意されており、様々な用途に対応することができます。これにより、イベント、展示会、災害時の避難所など、さまざまな場面で活用することが可能です。

安全性の高い設計

高強度な素材と安全装置が採用されており、安全性を確保しています。これにより、テントの使用中や設営・撤収の際に安心して作業を行うことができます。

まとめ

「たため~るくん®」の導入は、時間と労力の削減、スペースの有効活用、機動性の向上、多様な用途への対応、安全性の高い設計などのメリットがあります。イベントや展示会の準備や移動が効率的に行えるだけでなく、柔軟な用途に対応し、安全な作業環境を設置することが容易です。
また、弊社、粟倉ビニールではお客様のご要望に応じて同時のカスタマイズも可能でございます。
製品に関するお問い合わせや詳細については、粟倉ビニールまでお気軽にご連絡ください!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

有限会社粟倉ビニール | 工場間仕切り・テント倉庫施工・ シートの加工トップへ戻る