ニュース

防炎と不燃の違いはなんですか?

「防炎」とは、燃えにくい事象のことを意味しています。繊維などの可燃性の燃えやすい性質を改良して防炎性能を与えると、小さな火源(火たね:マッチ・ライター)を接しても炎が当たった部分が焦げるだけで容易に着火せず、着火しても自己消火性(自ら延焼拡大を停止する性能)により、容易に燃え広がることはありません。こうした性能を「防炎性能」といいます。

「不燃」とは「燃えない」ではなく「燃え抜けない」という性能になります。炎を加えても燃えないのではなく、あくまで燃え抜けないという解釈です。例えば、不燃性能を持った生地は表面は燃えますが、生地自体は原型をを保っており、寄布のすき間(亀裂)がほとんどないという状態です。
Copyright©️ Awakura vinyl, Inc All Rights Reserved.
TEL.0538-35-0475
受付時間 9:00 - 17:00[土日休み]